柴犬きりの子育て日記

2010年1月に誕生した柴犬三兄弟の子育て日記 一段落したので更新は少ないですが、過去記事へのコメントも歓迎いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

満1歳になりました

 おかげさまで、無事に満1歳を迎えることができました。

 毎度おなじみの成長グラフです。コウさんは生後11ヶ月3日目に体重18Kgを突破し、現在までの最大値は18.34Kgです。いやはやデカく育ったものです(呆) そろそろ増加が鈍ってきたので、18Kg台で安定しますかね~?
W52.jpg



 こちらは母犬の誕生日(クリスマス)に父犬宅で親子三頭揃った時の写真です。
 実は父犬まる君は12/24イブ生まれ、母犬きりは12/25クリスマス生まれです。それから母犬きりの母(越中夕姫号)も12/24イブ生まれなのです。
 きりとまる君を交配させると決めた時、次回ヒートが10月の予定でしたので、ひょっとすると親子三代でクリスマス/イブの誕生日になるかもしれないと、少しだけ期待してました(笑) 実際には半月ほど遅れて、ワンワンワンの1月11日に出産しましたです。
 それから「きり」という名前は、実は同じくクリスマス生まれの我が家のお爺ちゃんが、「わしと同じ誕生日か~ キリストと同じだな・・・」と命名したのです。由来を知らない方は「桐」とか「霧」を連想されるのですが、実は「キリ」なんですね(大笑)

 しかし、コウさんとまる君は、本当に良く似た親子です。コウの方が少しだけ鼻が長くなったので、目元は母親にも似てきましたが、全体的な顔つきとか尻尾なんかは父犬そっくりです。

P1010804s.jpg

P1010805s.jpg



 クリスマスだし父犬と母犬の誕生日でもあるので、犬用ケーキを買ってきて二日連チャンで食べさせました(大笑) 父犬宅にも同じケーキを届け、おいしく食べてもらいました。

 ちなみに下に写っている「さつまいもモンブラン」を、コチビ達の誕生日(1/11)に買ってきて、父犬宅、ペケ家、スバル家に届けて食べてもらいました。
 兄弟三頭が無事に満1歳を迎え、父犬や兄弟犬の全てにバースデイケーキを届けて元気な姿を見ることができ、皆で祝うことができて作出者として感無量でした。

P1010819s.jpg



 三男坊スバルも立派に成長しました。去勢手術をしたので、少々太り気味で15Kg近くあるそうですが、体格的には父犬と同じくらいの標準的な大きさです。コウさんのデカさが突出してますね(笑)
 甘えっ子で、寒くなったので布団に潜ってくるのが好きだそうで、とても良い家庭犬に育ってくれました。

P1010821s.jpg



 母ちゃんは里子に出たスバルには厳しいのですけど、スバルの方は母ちゃんに甘えたくて耳ぺったんです。

P1010826s.jpg



 スバルの所へ散歩に行けば、動画のように仲良く遊びます。生後4ヶ月近くまで一緒に育った兄弟ですから、離れて暮らしていても忘れはしません。





 スバルと同居している数ヶ月年長の黒プードルのカール君です。本当はスバルの飼い主さんの実家の犬だそうですが、親御さんが足を痛めて散歩に出られないので、スバル家で預かっているそうです。スバルが引き取られた時には既にカール君もいたのですが、まだ若い遊び盛り同士ですぐに仲良くなり、兄弟同様に育ったそうです。コウも加わって、三頭で仲良く遊んでいます。
 母犬きりは子供達がとっくみあいしてると、相変わらず教育的指導で介入してます(笑)





 次男坊ペケも相変わらずです。母子三頭でT川河川敷を散歩し、オヤツをもらってます。ずっと変わってません。

P1010829s.jpg



 ペケの黒マスクはかなり薄くなりました。鼻筋のあたりは、ほぼ消えました。
 ペケは赤ちゃん時代は本当に真っ黒だったので、ぱっと見で親兄弟とは似ていない顔つきでしたが、黒マスクが薄れてくるとコウと並べば兄弟だとわかる顔つきになりました。

P1010852s.jpg



 しかし・・・ 横から見ると、あごの下は今でも真っ黒なんですねー(笑)
 コウは巨柴同盟ですけど、ペケは黒マスク保存会に入れてもらえそうですね(大笑)

P1010854s.jpg



 ペケとコウが河原でとっくみあいをしています。赤ちゃん時代と、なーんも変わりません(大笑) 未去勢の雄同士ですけど、兄弟の絆が保たれているのでガウガウと仲良く遊べます。





 誕生日直前に、ペコ姉ちゃんの家へ遊びに行った時の様子です。こちらも変わらずで、体格差があっても上手に遊べます。ペコちゃんは、すっかりコウのお腹の下をくぐるのが上手になりました(大笑)





 重ねて、無事に満1歳を迎え、こうして両親・兄弟全ての様子をブログで報告できて、とても幸せだと感謝しています。

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/01/13 17:15 ] 散歩 | TB(-) | CM(11)

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

 大晦日の夜は冷え込んで寒かったですが、元日の朝は比較的おだやかな朝でした。

 下は犬関係者宛にお送りした年賀状の画像です。
生後34時間のコチビさんと、父犬まる君のご対面シーンです。


2011a.jpg

 我が家の母子柴は、元日の朝から父犬宅でオヤツをいただいて大はしゃぎしてました。さらに朝の散歩では、ペコちゃん宅でもオヤツをいただいてました。元日の朝から楽しくお散歩ができて、とても幸せな事だと感謝いたしました。


[タグ未指定]
[ 2011/01/01 11:12 ] 未分類 | TB(-) | CM(6)

生後11ヶ月

 恒例の成長グラフです。コウさんは生後336日目で17.98Kgになりました。

 もう少しで18Kg突破ですから、巨柴同盟さんの基準で「大将」になります。生後115日でお散歩デビューした時は、9Kg以上の「少尉」クラスでした。
 コウさんは士官学校を卒業して少尉任官し、大将目前までスピード出世したわけですね・・・(爆笑)

kou48w.jpg



 こちらは父犬宅へ久々に遊びに行った時の様子です。父犬の飼い主さんからオヤツをもらい、父犬にじゃれついてました。父犬まる君も雄柴としては良い体格ですけど、コウさんと並ぶと小柄に見えてしまいます(大笑)





 コウさんは父犬にチョイチョイとちょっかいだしては、うるさがられてます。しかし父犬は性格が温厚なので、本気で怒ったりしません。父犬と息子は同居していませんが、赤ちゃんの時から結んだ親子の絆は切れていないようです。





 父犬まる君が得意のゴロンポーズをしてました。コウさんが割り込んできますが、無防備にゴロンしたままです。この3頭は、本当に仲の良い夫婦・親子です。こういうのが、本来の犬の姿だと思ってます。コウさんは、今までのところはマトモに育ってくれました。

 世間では7ヶ月過ぎあたりの若犬が問題行動を起こすと、「思春期」だとか「反抗期」などと理屈をつけて、結局は「犬のせいにする」風潮があるみたいですが、これは真の原因から目をそらす考え方だと思ってます。
 単に人間側が育て方を誤ったのが真の原因だと思うのですけど、そこの所をぼかしてウヤムヤにしたい思惑があるのですかね・・・



 ちなみに、コウさんも父犬と同じようにヘソ天している事が多いです(笑)
この写真を撮った時は、イビキかいて寝てました(大笑)

P1010797.jpg



 こちらは次男坊ペケさんが、母犬にチョイチョイとちょっかいだして怒られてます。兄弟揃って同じ事をやってます(笑)
 母犬きりも本気で怒ってるわけではないですが、長男坊コウさんが間に割って入るように見えました。やはり実の親子・兄弟ですし、次男坊が里子に出てからも頻繁に会っているので、同居していなくても親子兄弟の絆は切れないようです。





 こちらはおなじみペコ姉ちゃんです。ペコちゃんは2回目のヒートを迎えたので、先週までは面会謝絶で一緒に遊べませんでした。久々に会ったので、ペコちゃんが大喜びして歓迎してくれました。




追記
 本日、生後337日目の体重測定で、18.02Kgと大台を突破しました~♪
コウさんは、生後11ヶ月3日で大将に昇格しました(大笑)

[タグ未指定]
[ 2010/12/14 15:52 ] 散歩 | TB(-) | CM(2)

生後10ヶ月

 無事に生後10ヶ月を過ぎました。コウは順調に巨大化して17Kgを突破してます(笑)
 ペケと一緒に親子3頭で散歩してる時に、通りすがりの方に「秋田犬ですか?」なんて聞かれたことがありました。母犬と同胎兄弟が同行していたので、何故かこの子だけ特別大きく育ったと答えました(大笑)

43w.jpg



 三男坊スバルも元気にしてます。耳とか背中は、かなり色が濃くなってきました。ソフトバンクの北海道犬とか紀州犬みたいに、全身が真っ白な白柴は見たことがありません。白と言うよりも淡赤と呼んだ方が良さそうな雰囲気です。

P1010753.jpg



 ペケも元気にやってます。お揃いのハーネスをつけてますけど、コウだけ1サイズ大きいのを使ってます(笑)

P1010756.jpg

P1010760.jpg



 お友達のペコ姉ちゃんのお家で遊んできました。母犬きりは、遊ぶよりもオヤツをもらう方に夢中です(笑)





 コウとペケは、相変わらず木片の取り合いをして遊んでいます。兄弟が実家の庭で一緒に暮らしていた時と、遊び方はまったく変わっていません。未去勢の雄同士ですけど、まだ子供ですから仲良くできます。成犬になっても、このままだと良いですが・・・







 ちょうど1年前の2009年11月11日に交配をして、コチビ達は母犬の胎内に宿りました。その時の事を少し書いておきます。
 それから、きりと父犬まる君の血統データを載せました。リンク欄の資料室から参照できます。親戚犬の方がいらっしゃいましたら、コメント下さい。

 まずは交配前日の様子です。父犬まる君と母犬きりは以前から相思相愛なので、きりの方が積極的にアプローチしてます。初めて会った時から相性は良かったですが、交配させると決めてから頻繁に父犬宅に遊びに行って、二頭の親好を深めました。その過程で、きりは父犬の御家族にも十分に懐きました。そのため父犬宅のお庭はセカンドハウス状態になっていたので、非常にリラックスして交配に臨みました。しかし、この日は交配には至りませんでした。





 翌日の11月11日の夜に、無事に1回目の交配が行われました。人間が手出ししない、自然交配でした。この時は暗くなっていたので動画は撮れませんでしたが、交配終了直後のブレ写真だけ残ってます。
 ちなみに、この日はスバル君のお家で先代の愛犬(雌フラットコートレトリバー)が亡くなった日です。犬種や性別は違いましたけど、何とも不思議な一致でした。

20091111.jpg



 翌朝にもお見合いさせたところ良い感じにアプローチし、このシーンの直後に無事2回目の交配が行われました。きりの尻尾に注目すると、ちゃんと横に倒して許容体勢をとります。相思相愛の間柄なので、はいどうぞ状態になってます。この日は朝と夕方の2回お見合いをし、計3回交配となりました。





 念のため、さらに翌日もお見合いさせましたが、交配3日目になると許容期間が終わったので、きりが受容しなくなりました。きりの態度が著しく変化したので、期間終了がわかりやすかったです。





 無事に交配が終わっても、きりさんからは臭いがプンプン出ています。まる君が生殺しでかわいそうですから、2週間ほど面会謝絶にしました。でも散歩に出ると、まる君の家に行こうとするので、押さえるのに苦労しました。

 その後、12月17日(交配37日目)にエコー検査をしたところ、無事に受胎が確認されました。
 ちゃんと胎児の心臓が動くのも映りました。この段階では2頭以上だろうという診断でした。

20091217.jpg



 交配から50日目の2009年12月30日の様子です。ぱっと見てお腹が大きくなったのが分かりますし、乳も張ってきて臨月状態です。

20091230.jpg



 年明けの交配57日目の様子です。交配直後の面会謝絶が終わった後は、毎日のように父犬宅に通って二頭の絆を深めていました。しっかりとゴハンをもらって、お腹の赤ちゃんの分まで食べてました。この時期の食欲はハンパではなかったですが、食べ過ぎると赤ちゃんが育ちすぎるので、セーブさせるのが大変でした(笑)

20100106a.jpg
↑身重の奥さんがパクパク食べるのを見守るダンナの図(笑)

20100106b.jpg



 翌日の交配58日目にレントゲン検査で最終診断をしました。下の方に赤ちゃんの背骨が写っており、おそらく3頭だという診断でした。また胎児の頭蓋骨の大きさを見て、母犬の骨盤を通るのを確認できました。

 ただ運悪く、この日は直前に急患で来院していたウサギさんが丁度亡くなるところでした。臨月で神経質になっているところに死の気配を感じて動転したのか、きりは撮影時に先生の手をガブリとやってしまいました。普通の状態ではなかったので、仕方がない事だったのでしょう。

20100107.jpg



 レントゲン検査から4日後の交配62日目、2010年1月11日夜に無事赤ちゃんを3頭出産しました。その時の様子は、またいつか紹介しようと思います。


[タグ未指定]
[ 2010/11/13 13:58 ] 散歩 | TB(-) | CM(0)

生後9ヶ月半(追記あり)

 いつものごとく、週末には白柴三男坊スバルの所へ遊びに行きました。スバルは耳を倒し、母犬に挨拶して甘えようとしますが、母犬は里子に行った子には厳しく対応します。

 ガウガウと相当キツそうに見えますけど、赤ちゃん時代のマズルコントロールと同じで、くわえ込む真似とかせいぜい軽く歯を当てる程度で、実際には力を入れて咬んでいません。母犬にすれば、まだまだスバルの事も赤ちゃん扱いしているのだと思います(笑)






 翌日には、お友達のペコちゃんの家に遊びに行きました。尻尾フリフリしながら中を覗き込むと、ペコちゃんがお出迎えしてくれました。






 ペコちゃんの家のお庭で、コウとペコちゃんが仲良く遊んでます。大柄なコウは生後9ヶ月半、ペコちゃんは4ヶ月年長ですが、ペコちゃんは小柄でコウは巨柴なので、体重差は2倍ちょっとあります。初めて一緒に遊んだのはコウが生後2ヶ月半の時で、当時はペコちゃんの方が少しだけ大きかったです。それから7ヶ月、とても仲良くなりました。






 軍手の取り合いをして遊んでいます。コウは小柄なペコちゃんを押しつぶさないように、手加減して遊ぶことができます。コウが赤ちゃん時代に父犬に遊んでもらった時には、父犬は小さな子供を押しつぶさないよう上手に相手をしてくれました。
 コウも父犬がやったのと同じように、自分がゴロンしてます。赤ちゃん時代に親からしてもらった「技」は、このように受け継がれるものなのでしょう。




 父犬まる君がコチビ達の相手をしてくれた様子です。父犬は自分がゴロンして、コチビ達にお手本を見せていました。




 もしもコウが父親になるとか、あるいは下の兄弟が生まれて兄となったら、父犬まる君と同じように良い教育係になれそうな気がしました。しかし、3頭飼いは難しいので、実現する可能性はありませんけどね・・・





追記

 ペコちゃんが初めて遊びに来た時の動画がありました(笑)
 コチビ達の初回ワクチン接種から2週間以上経っていたので、一応最小限の効果は出ているハズだから、一緒に遊ばせてみました。
 この当時はほんの少しだけペコちゃんの方が大きかったですけど、今ではペコちゃんがコウのお腹の下をくぐり抜けてます(大笑)



[タグ未指定]
[ 2010/10/26 21:45 ] 散歩 | TB(-) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。