柴犬きりの子育て日記

2010年1月に誕生した柴犬三兄弟の子育て日記 一段落したので更新は少ないですが、過去記事へのコメントも歓迎いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生後97日目 お客様が大勢いらした一日

 今日は日曜日で、お客様が大勢いらっしゃいました。

 午前中は父犬まる君一行が来て下さいました。庭の仮囲いを撤去して広くなったので、父犬とコチビが走り回ってました。

 父犬のお父さんからオヤツをもらってます。コチビが一斉に群がりますが、母犬きりも一緒になってオネダリしてます。

P1000666.jpg

P1000667.jpg

P1000674.jpg

 コウちゃんは自分が跡取りだと判っているのですかね・・・ ペケとスバルが父犬にじゃれている時に、一頭だけ離れて母犬にくっついてました。単に甘えっ子なだけかな?

P1000676.jpg

P1000677.jpg

 こうやって親子全てが揃ってお庭で遊ぶのも、もうじき終わりになります。もう何年も一緒に暮らしたような気分ですけど、97日しか経ってませんね。

 次男ペケは5月6日(生後115日目)、三男スバルは5月1日(生後110日目)に旅立つことになりました。





 午後には、スバルの里親のお母さんと、友人の方が来て下さいました。

 コチビさんは、初対面の方にも愛想良くご挨拶できます。兄弟でとっくみあいしたり、母犬が教育的指導でオシオキしているところを見学して行かれました。かなり激しくガウガウやるのを初めて生で見たので驚いてましたけど、ちゃんと「すぐに止めるんだ・・・」と納得されてました。犬本来のマトモな育ち方をして犬の作法を身につけるという事は、こういう事だと御理解いただけたようです。

P1000685.jpg

 今日も抱っこでゴキゲンさんです。

P1000689.jpg






 夕方には7ヶ月の雌柴ペコちゃんが来ました。遊びに来るのは3回目です。
 ペコちゃんはペットショップで5ヶ月頃まで売れ残っていたので、犬のお作法どころか犬語(ボディランゲージ)も怪しい感じです。ぶっちゃけ、わが家のコチビ達と同レベルか「もっと下」という感じの「大きな子犬」でした。それでも何回か通ううちに、徐々に遊び方を覚えてきた感じです。
 ペコちゃんは体格的にコチビさん達と似たようなものですから、同レベルの子犬同士で少しずつ遊ばせています。ペコちゃんにとっても、コチビさん達にとっても、良い学習機会になってるようです。

P1000696.jpg

P1000701.jpg

P1000703.jpg

 ペコちゃんのお母さんの靴紐を、スバルがガジガジやって切ってしまいました。長さに余裕があったので大丈夫でしたが、コチビの身体能力を侮ってはいけないという事ですね・・・orz

P1000707.jpg

[タグ未指定]
[ 2010/04/19 19:41 ] 育児 | TB(-) | CM(2)

生後95日目 混合ワクチン接種2回目

 生後60日目に1回目のワクチンで6種混合を接種しましたので、5週間あけて2回目を接種してきました。今度は9種混合の全部入りワクチンです。前回は小さなキャリー1つで3頭全部運ぶことができましたけど、今回はクレートを2つ使わないと運べませんでした。
 母犬きりさんも同行して、今年の狂犬病ワクチンを打ってもらいました。

 体重を計ったら、長男コウ8.0Kg、次男ペケ7.35Kg、三男スバル6.82Kgでした。運ぶ時にやたら重かったですけど、そのはずです。


 誕生してからの体重変化をグラフにしてみました。
0417.jpg

 獣医さんは生後3ヶ月時の体重の2倍が、成犬になった時の目安だと仰ってました。卒乳した後に少しは成長が鈍ったかと思いましたが、相変わらず直線的に増加してます。
 コウちゃんは16Kgの巨柴に育つのだろうか? 単に成長が早いだけで、ちょうど良いところで止まってくれると良いですけど・・・

 ともあれ、無事に2回目のワクチンを打ちましたし、翌日になっても異変は無く元気にしてます。これで2週間後には散歩に行けるようになりますが、そうしたらペケとスバルは旅立っていきます。いよいよカウントダウンが始まりました。


[タグ未指定]
[ 2010/04/17 16:48 ] 育児 | TB(-) | CM(0)

生後90日目 父犬宅でお留守番のペケとスバル

 福井の展覧会へコウと母犬きりが出かけた日に、ペケとスバルは父犬宅へ預けてました。早朝6時出発でしたが、出かけに父犬宅へ寄ってペケとスバルを降ろしました。

 到着して2時間くらいは大はしゃぎして遊び回ったそうですが、電池が切れると写真のように父犬まる君のクッションを占領してぐっすり眠ったそうです。電池切れになると、少しホームシックっぽくなってキュウキュウ鳴いたらしいですが、さほど大した事でもなかったようです。父犬まる君はしっかりコチビの相手としつけをしてくれたようですが、しまいにはコチビのパワーに押されて「もう降参、勘弁してくれ~」状態だったそうです。



 父子3頭で討ち死に状態ですね・・・(笑)
 後ろにトイレシートが写ってますが、ちゃんと真ん中に命中させたそうです。庭でも用足ししたので、トイレの粗相はまったく無かったそうです。

IMG_0613_3.jpg

IMG_0614_1.jpg

IMG_0615_1.jpg



 ペケは目元が似てないので両親とは全然違う顔に見えますけど、こうやって並ぶと鼻とか耳は父犬とそっくりです。写真では判りませんけど、触った感じの毛質もペケが一番父犬に似てます。毛色もペケが一番父犬に似ており、黒マスクが取れたら良い感じの赤毛になりそうです。

IMG_0619_1.jpg

IMG_0620_1a.jpg



 お父さんのお気に入りクッションを占領するスバルです。母犬に似た優男・キレイ系男子になりそうな顔立ちです。

IMG_0621_1.jpg

IMG_0624_1.jpg



 父犬宅には何回か遊びに来てますけど、母犬不在でも安心して眠りこけてますから、しっかりと「父犬のお家」=「ぼくのお家」と思ってるのかもしれませんね・・・orz
 ペケとスバルはあと2~3週間で旅立ちとなりますから、こうやって父犬宅でかわいがってもらって良い思い出になったでしょう。

IMG_0625_1.jpg

IMG_0626_1.jpg

IMG_0629_1.jpg

 早朝から押しかけて、父犬まる君のご家族には大変お世話になりました。どうもありがとうございました。

[タグ未指定]
[ 2010/04/16 07:30 ] 父犬のしつけ | TB(-) | CM(2)

生後90日目 日本犬保存会 春季福井県支部展

 日本犬保存会の福井県支部展(平成22年4月11日、越前市 サンドーム福井)へコウちゃんを連れて参加しました。香輝号の初陣となりますです。コウちゃんはやたらと発育が良いので、秋の展覧会シーズンには体高オーバーとなりそうなので、最初で最後のつもりで出陳しました。

 あいにくの雨模様でちょっと寒かったです。開会式前の会場は、こんな感じでした。バックに写ってる建物がサンドーム福井です。

P1000649.jpg

P1000650.jpg

 クレートに入って片道2時間ちょいの長距離ドライブでしたが、コウちゃん(左側)は吐いたりせず割とケロッとしてました。同伴した母犬きりさん(右側)の方が、往路で吐いてしまったです。

P1000652.jpg

 本番前のリハーサルでは、写真のように良い感じで立ってました。コロスケさんのところのリオ姉ちゃんとも、ちゃんと挨拶できましたです。リオちゃんがコウちゃんを気に入ったようで、前足でチョイチョイしながら尻尾フリフリ「遊ぼっ」と誘ってくれてました(笑) コウちゃんは親兄弟と一緒に育って犬の作法をそこそこ身につけているので、初対面の犬が相手でもガウガウやらずにオリコウにできましたです。

DSC00764.jpg

 でーも、天気が悪くて寒かったのと大勢の人や犬には慣れてないので、本番のリングでは見事に尻尾が下がってましたー(苦笑)
 初陣ですから、ギャンコラやらかさなかっただけでヨシとしましょう。審査員の先生には甘やかして育てているのがバレバレでしたので、「甘やかしてると展覧会の世界では厳しいよ」と言われましたです(汗)

DSC00776.jpg

 それでも、ちゃんと幼稚犬賞を頂けました。とーっても嬉しい事です。

 もっとも幼稚犬賞は、歯の噛み合いが悪いとか、ぱっと見てあからさまに標準から外れた重大な欠点が無ければ幼稚優の評価となり、順位に関係なく全頭が受賞できます。この日は雄部幼稚犬には6頭エントリーされてましたけど、全頭無事に幼稚犬賞を受賞しました。

kou2.jpg

 秋の展覧会シーズンには若一組ですけど、歯が決まって体高も規定内に収まったら、地元展に挑戦してみたいです。もっとも、あくまで家犬として育てるので、目標は優良「末」席です。
 だけど、コウちゃんは生後90日で体重7.8Kgとやたらデカイので、体高オーバーになりそうな雰囲気です。コロスケさんから伊豆の犬舎さんで体高計を売っているのを聞いたので、さっそく注文しましたです。規定内に収まるように、毎日お祈りしながら体高を計るようです。

[タグ未指定]
[ 2010/04/14 11:27 ] 展覧会 | TB(-) | CM(2)

生後89日目 血統書が届きました

 申請していた血統書が届きました。

kouki1.jpg

 父犬まる君はJKC登録犬でしたが、一時的に私の名義にして日本犬保存会に移籍しました。まる君の両親・祖父母はすべて日保籍を持っていたので、まる君も晴れて本登録扱いにて日保籍が取得できました。すなわち、生まれた子犬も日本犬保存会で本登録できるということです。

 まる君の両親・祖父母のどれか1頭でも日保籍を持っていないと、まる君は予備登録となり、生まれた子犬も予備登録扱いになるところでした。予備登録だと登録手数料が高くなることと、血統書に2代祖までしか記載されないという扱いを受けます。

 画像はわが家の跡取り長男坊コウ(香輝号)の血統書です。
 どこの系統と問われて、○○系とはっきり言えるような確固たるラインの名血ではないです。両親・祖父母はまったく無名ですけど、曾祖父母より前には名犬も含まれており、大臣賞犬2頭を含む全国展入賞犬が合計4頭記載されてます。一般家庭のペットから生まれた子犬としては、それなりに整った血統ですかね。

[タグ未指定]
[ 2010/04/13 22:58 ] 育児 | TB(-) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。