柴犬きりの子育て日記

2010年1月に誕生した柴犬三兄弟の子育て日記 一段落したので更新は少ないですが、過去記事へのコメントも歓迎いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生後9ヶ月半(追記あり)

 いつものごとく、週末には白柴三男坊スバルの所へ遊びに行きました。スバルは耳を倒し、母犬に挨拶して甘えようとしますが、母犬は里子に行った子には厳しく対応します。

 ガウガウと相当キツそうに見えますけど、赤ちゃん時代のマズルコントロールと同じで、くわえ込む真似とかせいぜい軽く歯を当てる程度で、実際には力を入れて咬んでいません。母犬にすれば、まだまだスバルの事も赤ちゃん扱いしているのだと思います(笑)






 翌日には、お友達のペコちゃんの家に遊びに行きました。尻尾フリフリしながら中を覗き込むと、ペコちゃんがお出迎えしてくれました。






 ペコちゃんの家のお庭で、コウとペコちゃんが仲良く遊んでます。大柄なコウは生後9ヶ月半、ペコちゃんは4ヶ月年長ですが、ペコちゃんは小柄でコウは巨柴なので、体重差は2倍ちょっとあります。初めて一緒に遊んだのはコウが生後2ヶ月半の時で、当時はペコちゃんの方が少しだけ大きかったです。それから7ヶ月、とても仲良くなりました。






 軍手の取り合いをして遊んでいます。コウは小柄なペコちゃんを押しつぶさないように、手加減して遊ぶことができます。コウが赤ちゃん時代に父犬に遊んでもらった時には、父犬は小さな子供を押しつぶさないよう上手に相手をしてくれました。
 コウも父犬がやったのと同じように、自分がゴロンしてます。赤ちゃん時代に親からしてもらった「技」は、このように受け継がれるものなのでしょう。




 父犬まる君がコチビ達の相手をしてくれた様子です。父犬は自分がゴロンして、コチビ達にお手本を見せていました。




 もしもコウが父親になるとか、あるいは下の兄弟が生まれて兄となったら、父犬まる君と同じように良い教育係になれそうな気がしました。しかし、3頭飼いは難しいので、実現する可能性はありませんけどね・・・





追記

 ペコちゃんが初めて遊びに来た時の動画がありました(笑)
 コチビ達の初回ワクチン接種から2週間以上経っていたので、一応最小限の効果は出ているハズだから、一緒に遊ばせてみました。
 この当時はほんの少しだけペコちゃんの方が大きかったですけど、今ではペコちゃんがコウのお腹の下をくぐり抜けてます(大笑)


スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/10/26 21:45 ] 散歩 | TB(-) | CM(4)

生後9ヶ月過ぎの近況

 今年の正月(2010年1月11日)に生まれたコチビさん達の子育ても一段落し、兄弟達も旅立って新しいお家に落ち着いたので記事を更新してませんでしたが、久しぶりに近況報告です。

 コウさんは見事な巨柴に成長しました(大笑) 満9ヶ月過ぎの現在では、体重16Kgを超えてます。生後6ヶ月頃には母犬を追い越し、7ヶ月頃には父犬すら追い越しました。おかげさまで発育は超良好で、元気にやってます。月齢相応のやんちゃ坊主ですが、未去勢の雄柴としては非常に温和な子に育ちました。度胸もそこそこ据わってるので、吠えかかられても怯えたりする事はなく、さりとて喧嘩を買って逆襲するでもなく、まあまあスルーできてます。いつも母ちゃんにシゴかれているので、パニックを起こしにくいみたいです。

kou39.jpg



 こちらは生後162日目の様子です。既に兄弟達と離れて1ヶ月以上経ち、母犬よりも少し大きくなったコウさんですが、同居している子供はいつまでも赤ちゃん扱いで、母犬はせっせとなめて世話してやってます。これは、満9ヶ月過ぎの現在でも同じように続いてます(笑)





 以前に紹介した叔父犬パール君は、散歩時間帯がずれているため滅多に会えませんけど、会えば写真のように仲良く遊びます。父方の一族は非常に気性が良いようで、コウとペケは楽しそうに遊んでもらってます。

P1010678.jpg

P1010680.jpg

P1010683.jpg

P1010687.jpg

P1010692.jpg



 こちらは父犬まる君です。

P1010661.jpg

 叔父犬パール君は父犬の異母弟なので、やはり良く似ています。ただ雄犬としては小柄で、8~9Kg程度だそうで、甥っ子達の方が体格が大きいのです。コチビ達の尻尾は、父犬や叔父犬とそっくりのクルクル尻尾で、「一族の証」になってます(笑)

P1010677a.jpg




 ちょくちょく登場していたペコちゃん(11ヶ月頃)です。コウの方が4ヶ月ほど年下ですが、体重差は約2倍です。小柄なお姉ちゃん柴ですが、良い感じに落ち着いてきました。





 コウさんとペコちゃんは非常に仲が良く、ペコちゃんのお家で一緒におやつを貰いました。並んでオリコウさんに食べてます。





 こちらは生後275日目の次男坊ペケの様子です。相変わらず黒マスクがトレードマークで、薄くなってきましたけど、すぐには消えそうにありません。コウと並ぶと体格の違いがよく分かります。ペケは9ヶ月時点で母犬と似たような体格なので、成犬時には父犬と同じくらいになりそうです。

P1010706.jpg

P1010711.jpg

P1010715.jpg



 天気の良い日は、母子・兄弟でT川河川敷を散歩してます。猛暑日が続いた8月頭から9月半ばまで、1ヶ月半ほど遠征を中止してましたけど、再開すればすぐに遊び始めます。遊び方は兄弟が生家にいた時と全く変わらず、延々ととっくみあいをし、仲良くオヤツを食べます。





 こちらは三男坊のスバルの近況です。兄弟揃って母犬に似たキツネ顔になってきました。スバルは生後5ヶ月過ぎに去勢手術をしたので少し太り気味ですけど、体格は母犬と同じくらいです。コウと並ぶと二回りくらい違います。しかし、尻尾とか顔つきは良く似ています。

P1010720.jpg



 スバルとコウも、会えばとっくみあいして遊んでいます。ヤンチャが過ぎたので、母犬が教育的指導を入れてます。里子に行ったスバルに対しても、母犬は遠慮無く教育的指導を入れ、兄弟達が生家にいた時と変わらない対応をしてます。





 きり母さんはかなり厳しいので、自分よりも大きく育ったコウを押し倒して教育的指導を入れます(笑)
 この兄弟は母犬からみっちり鍛えられたので、母犬に教育的指導を入れられたくらいでは、まったくパニックになりません。ちゃんと教育的指導を受けている事を理解しており、落ち着いたものです。
 親犬から早くに離されて十分に鍛えられていない犬だと、この動画のように上位犬からシゴかれたら、逆ギレするとかパニックを起こすので、「叱る」というごく当たり前の教育的指導すら受け付けません。






 そして生後280日目の今日、ペケと遊んだ帰路の団地の公園で、ようやくラーまあママさん一行に会うことができました。アイリッシュウルフハウンドのクービー君も一緒でした。

P1010735.jpg

P1010732.jpg

 クービー君は雄柴とは仲良くできない子ですけど、コウの事は今のところ許容してくれてます。またコウも巨大なクービー君には一目置いており、不作法にじゃれついたりしないので、怒られずに済んでいます。
 ラーまあさん三姉妹とは初対面でしたが、3頭集団でいたせいか、あるいはクービー君が一緒にいたせいか、少々緊張気味でした。でも、ラッキーちゃんと杏ちゃんのシェルティー姉妹がとっくみあいして遊び始めると、僕も混ぜて~という感じでプレイバウしてました(笑)

[タグ未指定]
[ 2010/10/18 22:26 ] 散歩 | TB(-) | CM(4)

(終了)緊急転載 柴犬の里親さんを探しています (東京 雄3歳)

 当ブログにリンクして下さっている「ラーまあママさん」のブログから転載です。


---------- 転載記事 ここから ----------

柴犬の飼い主を探しています。

T01.jpg

T02.jpg



 柴犬チョビと虎蔵の新しい飼い主を探しています。
現在の飼い主はワケあって 犬を飼うことが難しくなりました。
     
 1か月前から自分で新しい飼い主を探していたのですが
時間が無くなりSOSの発信をしたようです。
現在の住居にいられるのは 10月いっぱいです。
それまでに新しい飼い主を見つけトライアルを完了しなければならないので
時間がないことにかわりはありません。

 幸いチョビは新しい飼い主候補が現れ 本日よりトライアルに入りました。

 残る虎蔵ですが 想像以上にいい子でした。
どこを触られても怒りません。
口元ももちろん、身体のどこを触ってもです。
シャンプーも家でできます。
抱っこも大好きです。
そして なんといっても柴犬とは思えない人懐っこさ。
少しないた時に マズルを抑えたのですが、おとなしくされています。

本日の体重は 9.15kg 小型です。
2007年5月19日生まれの3歳です。未去勢です。

 少し季節的なものと思われるアレルギーがあるようですが
病院に連れて行ったら、気にするほどではないと言われました。

 こんな飼いやすい柴犬はいないといってもいいかと思います。

 どなたか、お知り合いで柴犬を飼いたい方はいませんでしょうか?
よろしくお願いします。


---------- 転載記事 ここまで ----------

連絡先 ぼんママさんのブログ
http://www.k3.dion.ne.jp/~ponscafe/





きり父の補足

 虎蔵君とチョビちゃんは母と息子だそうです。我が家のきりとコウと同じなので、他人事とは思えませんでした。ずっと一緒に暮らしてきた母子が別れ別れになるのは、何とも残念ですね。

 虎蔵君はずっと母犬と一緒に暮らしてきた息子なので、「刷り込み」や「社会化(対人・対犬)」は非常に良好だと考えられます。上記の転載記事に書かれている虎蔵君の印象も、おそらく嘘偽りは無いだろうと思われます。

 言い方は良くないですが、刷り込み・社会化が良好な「掘り出し物」だと思われます。(育ちの良いマトモな)柴犬との楽しい暮らしを望まれる方と、良い縁がありますようにお祈りいたします。


---------- 転載記事 ここから ----------

10月12日 追記

虎蔵くんの新しい飼い主さん募集の件は、中止となりました。

チョビちゃんは10月10日から2件目のトライアルにはいり、虎蔵くんは、16日からトライアルにはいるそうで、おそらく、それで新しい飼い主さんが決まるだろうとのことです!!

チョビちゃんも、虎蔵くんも、そのまま、幸せになってくれると、ほんとに嬉しいですね

この記事を読んで応援してくださったみなさま、ほんとに、ほんとに、ありがとうございました

---------- 転載記事 ここまで ----------




10月21日 追記
---------- 転載記事 ここから ----------
皆さんに協力いただいた「チョビと虎蔵の新しい飼い主」の件です。

多くの皆様の協力のおかげで2わんこともそれぞれ新しい家族を
見つけることができました。

2わんこ、別々になってしまいましたが、東京近郊でひとりっことして
優しいご家庭に迎えていただけました。

知人に聞いていただいた方、HPに掲載していただいた方、
チラシを貼っていただいた方、
一時預かりうぃしてくださった方、一緒に行動してくださった方、
本当に多くの方のお力をいただきました。

柴犬ということ、チョビや虎蔵の年齢を考えると
こんな短期間に見つかるとは思っていませんでした。

こんなに多くの方に心配をしていただいたチョビと虎蔵は幸せだと思います。

本当に本当にありがとうございました。

                            ぽんママより

---------- 転載記事 ここまで ----------




 無事にチョビちゃんと虎蔵君の新しい飼い主さんが決まって何よりでした。

 元の飼い主さんにどのような事情があって手放すことになったのかは知りませんが、このように新しい飼い主さんを見つける努力をし、周囲の協力も得て親元の責任を果たされました。また、比較的すんなりと譲渡が決まったのは、元の飼い主さんがきちんと2頭を育てたためでもあるでしょう。育て方を失敗した問題犬だったら、すんなり決まらないでしょうから・・・

 今回の件を他人事とは思わず、明日は我が身と考えて、我が家のわんこ達を育てていきたいと思いました。

[タグ未指定]
[ 2010/10/09 09:49 ] 未分類 | TB(-) | CM(9)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。