柴犬きりの子育て日記

2010年1月に誕生した柴犬三兄弟の子育て日記 一段落したので更新は少ないですが、過去記事へのコメントも歓迎いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

無事に生後1ヶ月をむかえました

 今日でちょうど生後1ヶ月(2010年1月11日生まれ)のコチビたち。

 生後28日目から離乳食も与え始めてますが、まだまだ母犬のおっぱいの方が良いです。夢中になって吸い付いてます。



 見事命中で、トイレも上手になってきました。用足し前には、産室のしきり板を乗り越えようとします。もっと遠くまで遠征して用足ししたいようですが、もうしばらく我慢してもらいましょう。もうちょっと経ったら、お庭に出てみるとか、隣室まで遠征させてあげます。



 おっぱいを飲んでいても、人間の方に寄ってきてはじゃれつきます。寝っ転がっていると、コチビが寄ってきて顔をペロペロされます。
 コチビの方から寄ってきたら、たくさんナデナデ、イイコイイコしてあげます。人に触れられる事に馴らし、人が好きになるように願っています。



 長男坊も人の膝に乗ってアムアムじゃれつきます。次に離乳食をトッピングした母犬のゴハンに挑戦しますが、まだまだお肉は食べられません。



 本日の教育的指導。次男坊と三男坊が取っ組み合いしてガウガウと興奮した声を出したら、母犬が間髪入れずに一喝します。チビ達もまだまだカワイイものですから、一発で止めます。エキサイトしそうになったら、即止めるのが正しいしつけのタイミングなのでしょう。



 母犬と一緒に離乳食を食べています。キツイ性格の母犬だと、食器にコチビが顔を突っ込むと叱る場合もあるそうですが、きりさんは授乳中の赤ちゃんには寛容な性格みたいです。本格的な乳離れの時期になったら、また態度が変わってくるかもしれません。



 おかげさまで、無事に満1ヶ月を迎える事ができました。授かったコチビ達は、目が見えないとか足が悪いなどの重篤な障害は無いようで、とりあえず一安心しました。これからも健やかに成長して欲しいと願います。

[タグ未指定]
[ 2010/02/11 22:02 ] 育児 | TB(0) | CM(6)
No title
無事1ヶ月目、おめでとうございます(^^)
動画のひとつひとつが、とても貴重な記録ですね。
コチビちゃんたちのとっくみあいに、きりさんの一喝が本当に見事。
ピタッとやめますね。興奮させすぎないことを、とても大事にしているのですね。
トイレを覚える様子といい、なんと自然で明快なことだろうって思います。
これからどんどんやんちゃになっていくんでしょうね^^
[ 2010/02/12 01:03 ] [ 編集 ]
すくすくと育っていますね♪
本当にどれも可愛くて、いや~♪目じりが下がってきちゃう♪
母犬は私の想像以上に早く、仔犬のじゃれ合いに「一喝」を入れるのですね。
そして仔犬達も、あっという間に止めて、これまたすぐに「母ちゃん、ごめんちゃい」と
母犬のところへいく姿が、とっても微笑ましいです。

こうやって母犬と育つ期間は、とっても大切な時間なんですよね~。
きりちゃん母さんは、子育て上手ですね♪
[ 2010/02/12 12:29 ] [ 編集 ]
亮子@クウカイママさんへ
しつけというのは、タイミングが重要という事ですね。

今回の出産の以前から、親犬が子犬の甘噛みに対応する時は、子犬が噛みに来るのと同時くらいに電光石火の早業でカプッとお仕置きするという事は知ってました。

しつけ本なんかには、イタズラしたらすぐに叱らないとダメなんて書いてありますけど、母犬みたいな反応速度は普通の人間では無理ですね。鈍くさい人間が中途半端に親犬のしつけを真似をすると、タイミング外れの虐待になりかねませんから、しつけ本を真に受けちゃダメという事でしょう。

我が家では、人間が子犬をしつけようという傲慢な考えは持っていません。犬の作法のしつけは親犬にまかせ、人間は子犬をひたすらかわいがって人間を好きにさせ、さらに本来持っている本能や能力がきちんと発達できるように環境を整える事に注力してます。
[ 2010/02/12 22:12 ] [ 編集 ]
そら母さんへ
この時期のコチビさんは素直そのものです。そして、砂に水が染みこむように、どんどん学習して急速に発達していきます。改めて記事を書きますが、すでに人を見分けますよ。今の時期は、一生に一度だけのかけがえのない大切な時期です。

しかし、パピーミル→セリ市→ペットショップという経路で販売される子犬は、生後35日くらいに母犬から引き離されてしまいます。我が家のコチビたちは今日で生後32日ですけど、3日後に母犬から引き離してお別れなんて想像もできません。

きりさんは、生後4ヶ月と3週まで親元にいました。子犬時代にきちんと集団生活を送っていたので、犬の作法は良い感じに身についているようです。そのため、良い母犬になれたみたいです。
[ 2010/02/12 22:33 ] [ 編集 ]
子育て
 きりちゃん、至福の時と思います、きり父さんもね、仔犬を育てるのは大変です、でも楽しい大変です、仔犬が居る世界を楽しんでくださいね。
柴犬の乳離れもみごとですよ、きっときりちゃんは上手にやりますよ。
[ 2010/02/12 22:47 ] [ 編集 ]
コロスケさんへ
 本当に至福の時を実感してます。
 子犬はかわいいですけど、大事に育ててきた愛犬きりが我が家で産んだ子は、なおさらかわいいです。今回の子育て経験で、犬についてさらに深く勉強しようと思ってます。
 そのうち乳離れするでしょうけど、母犬の態度がどう変わるのか予想できないです。コチビが一人前に食事できるようになっても授乳を許すのか、早い段階で「もうダメ」をして子離れするのか、きりの性格が現れる場面だろうと思ってます。
[ 2010/02/13 15:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。