柴犬きりの子育て日記

2010年1月に誕生した柴犬三兄弟の子育て日記 一段落したので更新は少ないですが、過去記事へのコメントも歓迎いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生後49~50日目 離乳のリハーサル

 前日の生後48日目から母犬が朝の散歩から帰宅した直後には、授乳を拒絶するようになりました。コチビの方も前日に厳しく拒絶されたので、母犬が帰宅しても慎重になってます。しかし、しばらく時間が経つと、母犬は授乳を許してました。





 さらに翌日の生後50日目です。コチビの方も完全に学習したようで、帰宅直後には授乳をまったくせがみません。前日と同様に、しばらく時間が経つと母犬は授乳を許してます。いきなりの完全離乳ではなく、リハーサルを重ねながら自然に離乳するようです。きりは、そこそこ厳しくしつけている方だと思いますが、根本的にはコチビに甘い性格のようです。




 この数日で驚いたのは、コチビ達の適応能力と学習能力の高さです。たった3日で、自分がどう対処すべきか理解して適応できています。

 「鉄は熱いうちに打て」という格言の通りで、覚えるべき時期に覚えるべき事を学習させる事は、絶対に必要でしょう。刷り込み期に絶対に身につけるべき事は、「学習能力」そのものです。
 生後8週頃までの「刷り込み」、4ヶ月頃までの「社会化」、それ以降の「馴致」は、似ているようだけど全く異なる事だと理解してます。


[タグ未指定]
[ 2010/03/04 05:36 ] 母犬のしつけ | TB(0) | CM(2)
No title
おはようございます♪

リハーサルを重ねながら自然に離乳、
きっとお母さんはちゃ~んと考えているのでしょうね。

うちも離乳はななに任せていましたが、回数は減ったものの、
男の子たちはお婿にいくまで、ずっと飲んでました♪
ななもアマアマです(笑)

チビちゃんたちは、いろんなことをどんどん覚えていく時期なんですね。

[ 2010/10/24 10:58 ] [ 編集 ]
ななもも姫さんへ
 母犬が叱りながら離乳リハーサルを繰り返しますけど、この「叱る」というのがコチビの心を強くし、また犬語の習得など知能の向上にも役立っていると思えました。母犬が「もうダメ」と引導を渡した時が、本当の離乳時期なんでしょうね。
 実際に間近で様子を観察していたので、自然に離乳させる事は、頭で想像していたよりもずっとずっと大切なことだと感じました。

 一般論としては乳歯が生えてきたら離乳なんて言われてますけど、実際には78日目まで授乳してました。立派な乳歯が揃っていたので母犬はかなり痛かったはずですけど、それでも授乳を許していたので、きりさんは何だかんだ言いながらアマアマな母ちゃんだったようです。
[ 2010/10/24 21:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。