柴犬きりの子育て日記

2010年1月に誕生した柴犬三兄弟の子育て日記 一段落したので更新は少ないですが、過去記事へのコメントも歓迎いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生後55日目

 5日後には60日のワクチン接種のために獣医さんへ出かけますので、クレートに入る事とか車に乗る練習を始めました。

 3匹を同じクレートに入れようとすると、先に入ったのが出てこようとするので厄介でした。天板が開くタイプのクレートを探したのですが、入手できませんでした。クレートに入る事そのものは、大暴れして嫌がる事はないので、クレートを斜めにして何とかしました。

P1000459.jpg



 ただクレートに入れて車に乗せるだけでは良い事が一つもないので、父犬のお家まで400mほどのドライブをしました。父犬に遊んでもらい、オヤツをもらい、たくさんかわいがってもらいました。クレートに入って車に乗ると、楽しい所に行けると覚えてくれると良いのですが・・・

 父犬はちゃんと手加減してコチビの相手をしてくれます。また、コチビが食器に顔を突っ込んでいると、コチビに譲って食べさせてくれます。とても良いお父さんです。







P1000428.jpg

P1000436.jpg

P1000441.jpg

P1000447.jpg

P1000452.jpg

P1000453.jpg



 たっぷり遊んでもらって帰宅すると、コチビ達は電池切れでぐっすりと眠りました。獣医さんに行くまでに、何回か父犬のお家までドライブの練習に通わせてもらう事にしました。



 生後55日になって、長男坊は既に4Kgを突破してます。柴犬は生後60日で2Kg超えが相場らしいですが、わが家のコチビ達は全て3Kgを突破した大粒揃いです。まーだ母犬のおっぱいを吸ってますので、発育が良いのですかね・・・
 母犬が授乳拒否する事も多くなりましたが、結局は吸わせています。厳しいようで、コチビに甘い母ちゃんです。



[タグ未指定]
[ 2010/03/08 00:18 ] 父犬のしつけ | TB(0) | CM(2)
No title
え~~!全員3キロ越え、長男君4キロ越えですかΣ( ̄□ ̄;;おおきい…。コチビちゃん改め、そろそろオオチビちゃんかも(笑)
我が家の子は、拾った時2.2キロしかありませんでした(推定生後9~10週ぐらいでしたが)栄養不良だったかもしれませんね。
みな、しっかりした体をしていて、見るからに健康そうです。きっと脳の発育も良いのでしょうね。きりちゃんの授乳中の顔は「しょうがないわねぇ、みんなもう大きいのに…」と言っていそうに見えます。

下の首輪の記事は、我が家の子のときのことを思い出してなつかしくなりました。次男坊ちゃんのふくれっ面が、私的にはツボです(^^)我が家の子も、こんな黒マスクでした。
[ 2010/03/08 15:20 ] [ 編集 ]
亮子@クウカイママさんへ
 正確には全員3.5Kgを超えてます。あと数日で、次男坊も4Kgに達するかもしれません。細かくしておけば母犬と同じものを食べられますけど、平行しておっぱいを吸ってるのが効いているのでしょう。
 生後60日で2Kg超えという相場は、人間が強制離乳させた場合の数値でしょうから、自然状態では本来こんなものかもしれませんね。
 このまま巨大柴犬に育つのか、単に成長が早いだけで標準的な大きさで成長が止まるのか、ここのところが興味深いです。

 まあ、巷で言われている犬に関する常識なんてのは、大部分がマトモな育て方をされていない犬に関する事でしょう。E.トルムラーの著書にも、自分の本に書かれている事は正常状態で生育した犬には当てはまるが、そうでない犬には当てはまらないと述べられています。

 だから私は、犬種特性だとか持って生まれた資質なんていう言い訳じみた台詞は懐疑的に考えてます。重要なのは、マトモに育ったかどうかだと思ってます。
 むろん、運悪く不幸の星のもとに産まれた病的な気質を持った個体が実在する事は知ってますが、そんなのは何千頭とか何万頭に1頭という話でしょう。
[ 2010/03/09 08:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。