柴犬きりの子育て日記

2010年1月に誕生した柴犬三兄弟の子育て日記 一段落したので更新は少ないですが、過去記事へのコメントも歓迎いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆるゆるリード

 犬の習性として、「接触走性」とか「抵抗反射」と呼ばれるものがあります。首輪につないだリードを人間が引くと、引いた方向と逆方向に進もうとする習性です。

 チャーリーママさんのブログで、「引っ張りの矯正」カテゴリに詳しく解説されてます。
http://charlie1210.blog113.fc2.com/

 犬が引っ張るのを見ていると、人間の方がリードを握り締めたまま長さ調整せずにいるので、結果的にリードが張って犬の「接触走性」が働き、犬がゼイゼイ言いながら引っ張ってる事が多いような気がします。

 長めのリードを使って、人間の方が頻繁にリードが張らないよう長さを調整し、さらに横着せずに足を使ってリードが張らないようにテンポ良く一緒に歩いてやるのが良いですね。意識して習慣をつければ、人間の方のリードさばきも手慣れてきますし、犬の方もハンドラーとの位置関係や歩くペースを覚えるので、無駄に引っ張る事はしなくなります。
 たかが犬の散歩と言えども動物が相手ですから、乗馬と同じくらい人間側に技術が必要かもしれません。犬と人間の息が合わなければ、一緒に「楽しく」お散歩できないです。

 動画は私の「ゆるゆるリード」のやり方です。ロープタイプの3mリードを使い、片手だけでも長さ調整できます。真横についた時なんかは、リードが完全に「し」の字になります。



-以下、展覧会基準のお話-
 きりさんは展覧会とは無縁だったので、最初からハーネス着けてゆるゆる散歩してました。家庭犬としては、引っ張り癖をつけない方が扱いやすいです。
 展覧会基準で見ると、この歩様では首が上がってないからダメダメですけど・・・(苦笑) いちおーシングルトロットの軽い足運びなので、足回りの骨格構成などはおかしくないようです。

[タグ未指定]
[ 2010/02/03 21:47 ] リード | TB(0) | CM(2)
良いですね
 やってますね、ブログって楽しいですよ、なにより自分の思い出になります。
キリちゃんも元気そうでなによりです、痩せて行くのはこれからですよ、オス3ちーでは飲む量がすごいです、1チーはやっぱり白のようですね、.淡白と思います、これからまだ少しは色が出てくるとは思いますが、鮮やかにはならないかもしれません、でもきっとかわいいお顔の子になると思いますよ。
もう少ししたら、コロコロ歩くようになり、喧嘩したりしてそりゃかわいいったら、ありゃしない!
仔犬のいる暮らしを楽しんでくださいね。
[ 2010/02/03 22:18 ] [ 編集 ]
コロスケさんへ
コロスケさん、コメントありがとうございます。

本格的に痩せこけるのは、これからですか・・・
現在でもチュパチュパと音を立てて飲んでますし、母犬が立ち上がるとコチビが釣り上がってきます。コチビが歩けるようになったら、母犬が立ったままコチビがぶら下がって授乳するようになるのでしょうね。

三男坊は白で間違いなさそうですね。でも鼻や肉球は黒くなってきましたし、腹の皮膚も全部ピンク色ではなくて、アザのように黒っぽい部分があります。たぶん遺伝的には黒因子を持ってるみたいです。きりとお婿さんの両方が黒雄×赤雌の組み合わせで産まれたヘテロ赤なので、黒同士の交配で白が出るのと似たようなパターンなのでしょう。

逆に長男坊のお腹は完全にピンク色なので、いわゆるホモ赤なのかもしれません。次男坊はヘテロ赤みたいで、黒マスクがきついですけど、黒毛が取れたらどんな色になりますかね。

まだ歩く事はできませんけど、すでに兄弟同士で取っ組み合いのまねごとを始めてます。本格化したら騒がしくなるでしょうけど、それがかわいくて楽しみです。

[ 2010/02/04 19:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。