柴犬きりの子育て日記

2010年1月に誕生した柴犬三兄弟の子育て日記 一段落したので更新は少ないですが、過去記事へのコメントも歓迎いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生後104日目

 今日は日曜日でしたので、雌柴のペコちゃん(7ヶ月)が、わが家のお庭に遊びに来ました。

 ペコちゃんは初対面の時は全然遊べなかったのですけど、4回目になると良い感じで遊んでます。こういうのは理屈じゃなくて、遊び方を身につけている相手と経験を積ませるに限ります。この場合はコチビ達の方が教育係になっていて逆転している感もありますけど、同レベルの子犬同士でバランスはとれているようです。またコチビ達にとっても、少し年長のお姉ちゃん犬と遊ぶのは良い経験になります。

 もっとも、遊び方を知らない社会化不足(酷い場合は知恵遅れ状態)の犬同士は、教育係不在の状態で接触させられません。さりとて人間が教えられることでもないので、やはり散歩に行けるようになるまでは、親兄弟を引き離さず経験を積ませるべきです。
 巷で行われているパピーパーティーとかいうのも、教育係の犬を参加させずに、全く社会化されていない子犬同士を接触させるという条件最悪のところがあるらしいです。パーティーを主催するプロのトレーナーさんは、まともな教育係の犬くらいはきちんと抱えていてもらいたいものです。



P1000811.jpg

P1000813.jpg






 ペコちゃんが帰った後に父犬が来てくれたので、コチビ達が大はしゃぎして父犬を追いかけ回して遊びます。母犬は、「あんた達いいかげんにしなさい」といった感じでお小言を言ってるようですが、やんちゃ盛りのコチビは聞きゃしません。ひとしきり遊び回ったあとで、お父さんはバテてました。



 恒例のおやつタイムです。父犬と母犬は一歩下がってコチビに先を譲り、自分が先にオネダリはしません。こういう所は、やはり親犬だなと感心します。もっとも、いったん自分が口にしたオヤツをコチビに横取りされそうになると、しっかりと教育的指導が入ります(笑)

P1000821.jpg

P1000822.jpg

P1000823.jpg

P1000824.jpg

 父犬まる君と長男坊コウちゃんが、縁台の上で左右対称に並びました。良く似ている父子です(笑)

P1000825.jpg

 三男坊スバルの旅立ちまで、残り一週間を切りました・・・

[タグ未指定]
[ 2010/04/26 13:15 ] 育児 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。