柴犬きりの子育て日記

2010年1月に誕生した柴犬三兄弟の子育て日記 一段落したので更新は少ないですが、過去記事へのコメントも歓迎いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生後110日目 三男坊スバルの旅立ち

 この日(5月1日)はスバルの旅立ちの日でした。幸い良い天気に恵まれ、見送りに支障はありませんでした。

 こんな感じで寝てました。一番早起きなのはコウさんで「はよ外に出せ」「ゴハンちょうだい」と張り切ってます。スバルは最後まで寝てました。

P1000978.jpg

 まだ寝起きですけど、モグモグやってます。家で食べる最後の朝食です。

P1000982.jpg

 食べたら庭で朝の用足しです(笑) これも最後なんですね。

P1000996.jpg

 産まれて3日目の写真です。こんなに小さかったし、お鼻もピンクでした・・・

DSC00304.jpg

 昨夜たたずんでいた庭石の上で、何かを確かめるように鎮座してました。



 朝食が終わったら、母犬は朝の散歩に出かけます。コチビ達は部屋でお留守番です。こうやって兄弟3頭で母犬を待つのも、今朝で最後です。

P1010006.jpg

 母犬が散歩から帰宅した時の様子です。母犬は庭で待ってるので、コチビを庭に出してやるために勝手口から入ると、一斉にお出迎えしてくれます。兄弟3頭でお出迎えは、今日で最後です。



 スバルがお立ち台で、何か挨拶をしているかのように見えました(笑)
 手前左はコウですけど、後ろ姿が父犬まる君にそっくりです。

P1010018.jpg

 お部屋でゴハンの残りをモグモグやってました。お家のゴハンは、これで本当に最後です。




 父犬が見送りに来てくれる30分ほど前の様子です。お気に入りの木陰で遊んでました。



 この木陰はコチビ達の人気スポットで、入れ替わり陣取ってました。

P1010029.jpg

 母犬きりも見送りに行くので、ハーネスを着けて待ちます。

P1010037.jpg

 コチビがじっと待ってるハズも無いので、いつものようにとっくみあいが始まりました。これが母子4頭での最後のとっくみあいになりました。



 父犬とご家族が見送りに来て下さいました。スバルは父犬のお母さんに甘えてます。

P1010045.jpg

 里親さんが用意してくれた新しい首輪とハーネスを着けました。体重10Kgまでの小型犬用を買ったそうですが、既にサイズいっぱいで、すぐに買い換えになりそうでした。昨夜109日目に計ったスバルの体重は8.09Kgでした。まだ生後4ヶ月に達してないですけどね~(呆)

P1010047.jpg

 母子4頭揃って、父犬のお母さんにオヤツをオネダリしてます。コチビ達は母犬に似て、真性オヤツ犬になりますね。

P1010049.jpg

 父犬のお姉ちゃん達と記念撮影です。

P1010053.jpg

 里親さんと父犬が並び、スバルは里親さんの足下に潜り込んでました。

P1010073.jpg

 里親さんと柴犬一家5頭揃っての記念撮影です。実は、コチビ達がうるさくじゃれつくので、父犬まる君は「このガキどもめ」とムキ顔してました(笑)

P1010083.jpg

 父犬が最後の教育的指導をしてました。スバルはちゃんと降参ポーズができますので、犬の作法は大丈夫そうです。



 父犬のお父さんが、スバルと名残を惜しんでました。

P1010089.jpg

 私がスバルを抱っこして、記念写真を撮ってもらいました。実は私がスバルと一緒に写った写真は、これが最初なんですね・・・orz

P1010098.jpg

 いよいよ旅立ちです。新しいリードを着けてもらいました。

P1010113.jpg

 庭から出てすぐの遊歩道を、両親犬と一緒に少し離れた駐車場まで歩きだしました。本格的にリードをつけて外を歩くのは初めてなので、なかなか進めません。途中で里親さんに抱っこしてもらって、駐車場まで行きました。




 同行していた里親さんの友人に抱っこされ、スバルは旅立っていきました。きちんと両親犬に見送られての旅立ちでした。

P1010117.jpg

 スバルの出発後、母犬や兄弟犬がスバルを探すかと思いましたが、いたって平静でした。翌日、里親さん宅に電話してみましたが、スバルは夜泣きしなかったそうです。生後78日まで授乳してもらい、しっかりと母犬から「もうダメ」と引導を渡されて卒乳したので、既に親離れ・子離れはできていたのでしょう。
 スバルが旅立った翌日の朝、早起きのコウはクンクンと少しだけ鳴きました。遊び仲間のスバルがいないと思ったのかもしれませんが、すぐに鳴くのをやめました。状況を理解したのでしょう。

 一般的に子犬が新しいお家に来たばかりには夜泣きすると言われてますけど、単に親から離すのが早すぎるのが原因だろうなと思いました。母犬きりも、4ヶ月3週でわが家に来た時に夜泣きしませんでした。自然離乳を経ていっちょまえの子犬に成長してから親犬から離せば、子犬に無用なストレスをかけずに済むはずだと確信しました。



追記

 スバルが旅立った日の夕方に撮影した写真です。

P1010124.jpg

P1010129.jpg

 母犬には、次はペケの順番だと解っているのですかね・・・

P1010130.jpg

 一頭減っただけなのに、ものすごく静かになって寂しくなった気がします。残ったコウとペケもとっくみあいをやってますけど、2頭だとすぐに終わります。三つ巴でやっていた時はエンドレスで続いたので、とても賑やかでした。

[タグ未指定]
[ 2010/05/02 17:29 ] 育児 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。