柴犬きりの子育て日記

2010年1月に誕生した柴犬三兄弟の子育て日記 一段落したので更新は少ないですが、過去記事へのコメントも歓迎いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生後115日目 次男坊ペケの旅立ち

 この日(5月6日)はペケの旅立ちの日でした。幸い良い天気に恵まれました。今年の連休は記録的なお天気続きで、たっぷりとコチビ達と外で過ごすことができました。



 お目覚めの様子です。昨夜は親子3頭で過ごした最後の夜でしたから、ペケをナデナデしまくって抱っこねんねしました。ペケはヘソ天で甘ったれます。

P1010218.jpg



 お家で食べる最後の朝食です。この日は真っ先にコウが食べ、しばらくしてペケが食べてました。

P1010226.jpg



 母犬と一緒に朝の散歩で400m離れた父犬宅まで行きました。まだ散歩を初めて間もないですけど、別れの朝に父犬宅まで自力で行けるようになりました。

P1010250.jpg



 父犬のお姉ちゃん達が学校へ出かけるのを、お見送りしました。これでお別れです。

P1010253.jpg



 父犬宅のお庭で遊ぶのは、生後90日の時に預けられて以来です。

P1010257.jpg



 母子でオヤツをおねだりしてます。

P1010262.jpg



 こんな感じで父犬と遊んでいました。ペケは3Kmほど離れた所へ行くので、散歩中に父犬と再会する機会は無いでしょう。三兄弟の中でペケが一番父犬にじゃれつくのが好きでした。また父犬も、ペケの相手を良くしてくれました。





 いったん帰宅して、今度は母犬とコウが一緒に父犬宅まで散歩しました。兄弟ともに、往復800m以上を楽々歩いてました。庭で走り回って育ったので体力的には余裕でしたし、連休中に歩く練習をした成果がありました。

P1010281.jpg



 朝の散歩から帰宅したら雌柴のペコちゃんがお別れに来てくれました。時間がなかったので、柵越しのお別れになりました。

P1010292.jpg



 夕方5時にお迎えが来るので、早めに帰宅して最後の食事を与えました。ペケが最初に食べ始め、途中からコウと一緒に仲良く食べました。ずっと兄弟で仲良く食べていたし、父母犬もコチビが食器に顔を突っ込むのを許容していたので、このあたりの作法は身についていません。ペケには、「先住犬チョコじいちゃんの食器には、横から口を突っ込んだらいけないよ」と言い聞かせました。一番の心配事です・・・





 食事の後の様子です。ペケはヘソ天でナデナデしてもらうのが、三兄弟の中で一番好きな子でした。夜寝ている時も、ヘソ天している事が多かったです。





 里親さんが迎えに来る少し前の様子です。母犬はハーネスを着けて、見送りに行く準備をしてます。

P1010340.jpg



 ペケとコウが兄弟仲良く並びました。共に9Kgを超えており本当に大きく育ちましたが、コウの方が少し大きいです。生まれた順にコウ>ペケ>スバルという体重でしたけど、最後まで同じ順番でした。

P1010370.jpg



 誕生直後はこんなに小さかったです。手前の真っ黒顔がペケですけど、立派な黒マスクになりました。上のへその緒が付いているのがコウで、見た目にも一番大きかったです。

DSC00141a.jpg



 お迎えが来る少し前の様子です。ペケは母犬に舐めてもらったり、マズルコントロールされたりと、最後の時間を甘えて過ごしました。





 コウとペケが庭木の樹皮をガジガジやって遊んでいます。随分とかじられてしまいましたが、こうやって兄弟で遊ぶのも最後になりました。





 ペケは犬の作法をそこそこ身につけたので、ちゃんとプレイバウをして、母犬にとっくみあいの相手をしてもらいます。やはり母ちゃんには敵いませんので、ちゃんと降参ポーズを示します。途中でコウがシッコをしたので、母犬はちゃんと鼻で砂をかけて後始末してます。母犬は、本当に細やかに仔犬の世話をするものです。





 父犬が見送りに来てくれたので、はしゃいで父犬にじゃれついてます。父犬の飼い主さんからオヤツをもらいますが、母犬の真似をしてちゃんとオスワリできるようになりました。





 こんな感じで里親さんが来るまで、残りわずかの時間を過ごしました

P1010392.jpg



 ペケが父犬のお母さんのオヤツバッグを物色してます。鼻が効くようになったら、すぐにこれをやるようになってました。

P1010395.jpg



 ペケとコウが一緒に父犬ととっくみあいして遊びます。途中から母犬も加わって、ペケをシゴいてました。親子4頭でとっくみあいするのも、これで最後です。





 里親さんがお迎えに来ました。父犬が里親さんに挨拶してました。

P1010407.jpg



 ペケは里親さんに抱っこされ、親子4頭で記念撮影です。

P1010415.jpg



 スバルの時と同じく、私とペケが一緒に写った最初の写真です。

P1010425.jpg



 父犬のお母さんとも記念撮影です。

P1010439.jpg



 ペケはハーネスを着けて出発準備ができてますが、父犬と最後のとっくみあいをしました。





 いよいよ出発です。コウは庭の内扉でお見送りです。

P1010441.jpg



 連休中に散歩の練習をした遊歩道を、両親犬と一緒に歩きました。モタモタしながらも、ちゃんと自力で車まで歩けました。





 いよいよ、ここでお別れです。

P1010443.jpg



 里親さんに抱かれ、両親犬に見送られて旅立っていきました。

P1010449.jpg



 ペケが旅立った直後のコウときりの様子です。いたって平静で、ちゃんと別れを理解していたようでした。

P1010458.jpg


 翌日、里親さんに電話してみましたが、ペケは里親さんに添い寝してもらい、夜泣きはしなかったそうです。誕生直後から、ずっと人間と一緒に就寝していたので、よその家に行っても同じみたいです。
 元気にしているけど、環境が変わったせいか少し食が進まなくなったみたいでした。慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、里親さんには何回も足を運んでもらってペケの「地」を見てもらってますので、焦らずに見守って頂くことにしました。


[タグ未指定]
[ 2010/05/08 13:54 ] 育児 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。