柴犬きりの子育て日記

2010年1月に誕生した柴犬三兄弟の子育て日記 一段落したので更新は少ないですが、過去記事へのコメントも歓迎いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

母犬の介入かも



 子犬がじゃれていて鳴き声を上げると、母犬は気にして駆け寄ります。動画では長男と次男が咬み遊びの真似事をやってますけど、時々声を上げてます。声を聞くと焦って母犬がけ寄ってきます。
 まだ咬み遊びが本格化してないので、母犬の介入も駆け寄るだけですね。そのうち、子犬をひっくり返して止める等の実力行使をするでしょう。
 動画の後半で、三男坊が介入して次男坊をひっくり返したように見えるのがご愛敬です。

 長男坊のヨチヨチ歩きです


 次男坊のヨチヨチ歩きは、まだまだですかねー


 意表を突いて、一番小さい三男坊がかなり達者に歩きます。実はしっこをしに、隅っこへ移動したのでした(笑) もう母犬に舐めてもらわなくても、しっこできます。そろそろ産箱を改装して、トイレシートを設置します。


 長男がアムアムしてるのを見ていたら、小さな乳歯が見えてました。無事に歯も生えてきたようです。正しいシザーバイト(ハサミのようなかみ合わせ)になれば良いのですけどね・・・
 母犬の足や尻尾をアムアムしてますから、そのうち叱られるでしょう(笑)

[タグ未指定]
[ 2010/02/05 19:30 ] 社会性 | TB(0) | CM(2)
No title
こんばんは!
こんなによちよちで、歯も生えないさきから、とっくみあいしてアムアムしているのをみていると、「絶対に歯を当てるな!」というしつけ方は、本当に意味のないものだということが、はっきりわかる気がします。この子たちがアムアムするのは、人の赤ん坊が小さな手を開いて一生懸命何かをつかもうとするのと、まるっきり一緒ですよね。

それにしても、猫の赤ん坊は何度か育てましたが、犬の赤ん坊はなんとまぁおっとりしているんだろう~~。本当にまるまる、よちよちと愛らしいですね。
[ 2010/02/06 22:30 ] [ 編集 ]
亮子@クウカイママさんへ
仰るとおりで、人間の赤ちゃんだって何でも口に持って行きますから、赤ちゃんの行動は人も犬も本質的に同じでしょう。ただ、犬は手て掴めないだけです。

我が家では「赤ちゃん犬のしつけ」に関しては、基本的に親犬(父犬も参加予定)に任せる方針です。
人間はただひたすら赤ちゃん犬をかわいがり、声を聞かせ、なでて頬ずりし、良い経験をたくさん積ませ、人間や物事に慣らし、何よりも人間を好きにさせる事を第一と考えてます。

子犬はかわいいです。我が家で産まれた子は、なおさらかわいいです。だからこそ、目一杯かわいがりたおします。
[ 2010/02/07 21:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。