柴犬きりの子育て日記

2010年1月に誕生した柴犬三兄弟の子育て日記 一段落したので更新は少ないですが、過去記事へのコメントも歓迎いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生後39日~42日目

 生後39日目ともなると、とっくみあいの作法もそこそこ板に付いてきました。ちゃんと間合いをとりながらプレイバウの仕草を見せるなど、犬の作法に従った遊び方を身につけていきます。

 犬の遊びを見た事がない人は、激しく喧嘩をしているように見えるようですが、口を大きく開けて(口の中は急所)ガウガウ言ってるうちは遊びの範囲内です。本気でやり合う時は口を開けて急所をさらしませんし、頭を下げ気味にしてオデコを突き出して喉や腹などの急所を隠すようにします。




 こちらは生後40日目。ガウガウごっこをやっていて、母ちゃんにオコゴトを言われました(笑) 一喝するだけの単調な叱り方ではなくて、語りかけるように見えますね。




 長男坊が母ちゃんのシッポをガブガブやって、調子に乗って足までガブガブしようとしたらオシオキで転がされました。




 父犬のお姉ちゃん達にかわいがってもらいます。尻尾フリフリ寄っていきます。
 この日齢のコチビは、あまり恐怖心とか警戒心が育っていませんし、頻繁に会いに来てくれるお姉ちゃん達は大好きです。人間からかわいがられる良い経験を積んで、人間が大好きになるように願っています。




 しきり板を24cmから30cmに高くしましたけど、数日で乗り越えてしまいました。三男坊の白ちゃんは身が軽いです。この後、45cmまでしきりを高くしました。
 そこそこ広い場所でとっくみあいしたり走り回っているせいで、それなりに足腰が鍛えられているようです。




 無事に生後6週間をむかえました。でも、まだまだ母犬のおっぱいに吸い付いてます。
 ペットショップで売られる子犬は、この位の日齢でガラスケースに入れられてしまいます。まだまだ一人前の「子犬」ではなく、母親のおっぱいに吸い付いている「赤ちゃん」なんですけどね・・・




 母ちゃんの側でガウガウやって、しっかりと一喝されて怒られました。さらにマズルコントロールのしつけをされてます。

 これを中途半端に真似して、人間が「手で」マズルを掴んでオシオキするしつけ方法が世間一般では知られていますが、まったく意味がないです。

 寝っ転がってコチビとたわむれていると、コチビが寄ってきては甘噛みをしたり、口元を舐めに来てオイタをします。適当に遊んでやりますけど、母犬の真似をして大きな口を開けて「あ゛~」とやってコチビのマズルをくわえこむ真似をすると、ちゃんと通じてオイタを止めます。手でマズルを包み込む事も試しましたが、手を甘噛みして遊ぶばかりで、口を開けて見せた時のようには通じませんでした。
 親犬のしつけを真似するなら、手で掴むといういいかげんな真似はしないで、親犬と同じようにちゃんと口を開けて歯を見せないと通用しないです。

 同様の事は、ムツゴロウさんの「犬はどこから…そしてここへ」p.141に書かれています。
http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/pickup/interview/mutugorou/

引用
「僕の唇をペロペロなめ始めました。こちらから歯を見せて「ウッ」と短くいうと、パッと止めました。これは、社会的な訓練が足りている証拠です。不足している犬はなめるのを止めません。」




 2月とは思えない暖かい日でしたので、お庭デビューです。最初は恐る恐るで、すぐに母犬の方に寄っていきます。




 お庭デビュー3分後。次男坊(黒マスク)と三男坊(白)は興味津々で、あちこちウロウロし始めます。最後に動き始めた長男坊はちょっとビクビクしているのか、尻尾が微妙な格好に下がってます(笑)




 広い場所に出たので、さっそく母犬がとっくみあいのシゴキをしてます。母犬は子犬から若犬時代に、さんざん友達犬ととっくみあいして遊んでいたので、久々に血が騒いだようです(笑)
 こうやって母犬に鍛えられながら、とっくみあいの正しい作法、力の加減、噛み加減などを身体で覚えていくのでしょう。人間が母犬と同じように教えてやる事など、到底できない事です。




 お庭デビューの日に、父犬とお姉ちゃん達も来てくれました。
 チョコチョコと足もとにまとわりつくので、踏まないように気をつけないといけませんが、待ちわびた日がやってきました。いずれ、父犬にも稽古をつけてもらえるように願っています。

P1000207.jpg


 お庭で遊んだ後は、ぐっすりと眠りこけます。良い疲れ方ですね。

P1000208.jpg


[タグ未指定]
[ 2010/02/23 22:00 ] 母犬のしつけ | TB(0) | CM(2)

生後35日目

 無事に生後5週間になりました。


 今日も元気にとっくみあいします。乳歯が生えてきたのでオモチャを与えてみたら、しっかりとカミカミします。




 離乳食を始めても、まだまだ母乳の方が良いです。手で乳房をコネコネする習性がありますが、生まれつきこの習性があるために、人間が簡単にオテを教える事ができると本には書かれていました。

犬の科学 スティーブン・ブディアンスキー 著
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN4-8067-1281-7




 母犬に長男坊がアムアムと甘噛みしますけど、母犬に簡単に転がされます。とっくみあいしている2頭の方も、エキサイトしそうになると母犬が鼻先を近づけてチェックを入れます。経験を積ませて作法を身につけられるように、母犬のチェックも緩急をつけてますね。コチビ達も、少しは「空気を読む」事を覚えてきたのかもしれません(笑)




 三兄弟で仲良くとっくみあいします。画面左側の次男坊は、プレイバウっぽい仕草を見せます。こうやって徐々に、遊び方の作法を覚えていくのでしょう。
 それなりの広さのコチビ部屋なので、こうやって間合いを覚えながら遊ぶ事もできます。




 早くも脱走成功!・・・orz
 三男坊は一番小柄な分、やはり身軽ですばしっこいです。早速、しきり板を高くしました。




 生後5週間の時点で、長男2.56Kg、次男2.25Kg、三男2.1Kgです。成長が少し早めのような気がしますが、どうなんだろう・・・ 母犬の体格が大きいから、乳の出方が良いのだろうか?


[タグ未指定]
[ 2010/02/16 19:28 ] 母犬のしつけ | TB(0) | CM(6)

生後32日目

 昨日分(2/12)の記事です。

 そろそろ色々な食べ物に興味を持ち始めたようで、母犬のヨーグルトにも顔を突っ込みます。しかし母犬も大好物なので、さっさと食べてしまいます(笑)




 徐々にやんちゃが激しくなってきたので、母犬のしつけ行動も多く見られるようになりました。甘噛みを繰り返す次男坊に、やや鼻に皺を寄せながら大きな口でアムアムやってひっくり返してます。マズルコントロールの軽いやつですね。




 母犬の下に潜り込んだ長男坊に注目。母ちゃんの前足をガブガブやって、しっかりオシオキされました(笑) 転がしたついでに、シッコの世話までされてます(爆) まだまだ赤ちゃん扱いで、母ちゃんに軽くあしらわれてます。




 子犬同士のとっくみあい中に悲鳴を上げるほどしつこく噛むようだと、母犬が介入して「母ちゃんパンチ」で教育的指導を入れます。犬の作法では、しつこくするのは御法度ですね。




 6日ぶりに父犬が訪ねてくれました。母犬が子犬を守って通せんぼしなくなったので、子犬と対面できるようになりました。
 しかし、この6日間で子犬の方には大きな変化がありました。ムツゴロウさんの言う一対一適応期(人という動物と分かりあうp.111)を終了したらしく、以前は父犬のお母さんにおとなしく抱かれていたコチビが、まるで初対面のようにキャンキャン鳴いて驚きました。人間の幼児の「人見知り」と同じでしょうか。
 これは子犬の脳が発達してきた証拠だと思ってます。一対一適応期中も一緒にいた私や家族が抱っこしても何の問題もないですが、6日ぶりに会った父犬の家族には驚いて鳴いたわけで、しっかりと同居家族と他人を見分けているようです。
 父犬の御家族には、ふりだしに戻って初対面のつもりで頻繁に会いに来てやって下さいとお願いしました。いよいよコチビに知恵が付いてきたので、短時間でもいいから頻繁に父犬や御家族と対面し、父犬との触れ合いや父犬からの教育を実現させたいと願っています。




 いつもは母犬が陣取っているお爺ちゃんの隣に、母犬と同じ格好で白ちゃんが鎮座してます。お爺ちゃんの膝に乗って、イイコイイコしてもらいました。でも、この後で座布団の上におもらしをしてしまいました(笑)
 今までのトイレよりも少しだけ遠い新開拓地ですから、さっそくやってしまいました。そろそろ隣室に新トイレを設置すべきですが、写真でバリケードが設置してある場所には段差があるので、まだコチビが自力で通過するのは無理かな・・・(困)

P1000073.jpg

[タグ未指定]
[ 2010/02/13 16:42 ] 母犬のしつけ | TB(0) | CM(4)

母犬の一喝

 コチビ達も生後30日目で、ますます活発になってきました。

 昨日うまく写せなかった母犬の一喝を、良いタイミングで写せました。
 次男坊(黒マスク)と三男坊(白)が取っ組み合いをして転がってくると、母犬が教育的指導で一喝します。転がった2頭よりも、後ろにいた長男坊の方が尻尾を下げて尻もちついてます(笑)
 長男坊は「母ちゃんゴメンちゃい」と言うかのように、トコトコと母犬の方へやってきます。母犬も「しょうがない子ね」という感じで、授乳体制をとります。
 こんなやりとりを繰り返しながら、成長していくのでしょう。




本日の戦果(笑)
命中弾3、至近弾2、有効3  撮影後、命中弾1追加
P1000068a.jpg


[タグ未指定]
[ 2010/02/10 19:51 ] 母犬のしつけ | TB(0) | CM(0)

生後29日目

 だんだんと動作が活発になってきて、三男坊が母犬にアムアムと向かって行きます。母犬はアムアムと相手をしながら、前足でチョイチョイとあしらってます。三男坊もいっちょまえに前足でチョイチョイしてますけど、母ちゃんには敵いません(笑)



 今度は三男坊(白)と長男坊が取っ組み合いを始めますが、母ちゃんにもアムアムされ、さらに軽く一喝されて長男坊がゴロンして終了です。こんなのは、非常にゆるい状態です。動画のとおり、取っ組み合いを初めてから早い段階で母犬は介入します。コチビが声なんか上げようものなら、母犬はすっ飛んできます。
 上手く写せませんでしたが、取っ組み合いをしている時に母犬が「ワンッ」と大きな声で一喝し、コチビ達は声だけでびっくりして取っ組み合いを止めました。



 やんちゃな白ちゃんが、今度は母ちゃんの尻尾をカプカプやってます。そのうち、母ちゃんにお仕置きされるでしょう(笑)



 昨日から離乳食の缶詰をコチビ達に食べさせようとしてますが、まだ食べません。今のところ母犬のおっぱいの方が良いみたいです。
 それでも母犬が食事をしていると、興味を持って母犬の食器に顔を突っ込みますけど、まだ食べるところまで行きません。(コチビが母犬に怒られるかもしれないので、細心の注意を払って見守ってます。)
 おっぱいを飲んでいる時に横で寝っ転がって観察していると、コチビが寄ってきて私の口元をペロペロします。これを母犬に対して上手に行えば、母犬が「吐き戻し」をして自前の離乳食を与えるかもしれません。コチビの口舐め行動が現れてきているので、やはり離乳食を食べ始める時期のはずです。そのうち、缶詰も食べるようになるでしょう。

[タグ未指定]
[ 2010/02/09 23:42 ] 母犬のしつけ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。